売りたい物を売る企画より欲しがっているものを売る企画を考えましょう。

美容の業界を牽引しているのは技術者(アーティスト)と呼ばれる方々が多く締めています。プレイングマネージャーと呼ばれる、技術者として活躍しながらサロンの一線に立ち事業を運営しているオーナー様が大半を占めていると思います。
サロン様のインタビューをしていて思うことは、そんな技術者の集まりだからこそ陥りやすい側面を持っていること。「こんなことが出来るのですが見て頂けませんか?」という立ち位置でご商売をされているサロン様が多いと感じます。もちろん提案はとても大事なことで提案の出来ないサロンや技術者は髪切り工場へと道を踏み間違え、最終的には誰でもいいから切って!の「誰」になってしまいます。この駆け引きはとても難しいと思いますが、もう一度確認しましょう。

広告の目的は、まず一度ご来店頂き、貴店様を多くのお客様にご紹介することに意味があります。ということは、市場を調査し市場のお客様は今何を欲しがっているのかを調査し、それに+α「私達は○○です」と謙虚にアピールをするスタンスで広告企画を考えるべきです。広告の費用対効果は確実に上がっていきます。
一度ご来店されたお客様に対して一定時間のアピールタイムを頂けるのが技術者の世界、まずは消費者の欲しいものを的確に提供した上で、初めて「私達はこういうものを持っています。こういったものはいかがですか?」と提案するのが筋道といえるのではないでしょうか?
物が少ない市場に対しては、売り手市場で良いかも知れません。しかし、現代社会は確実に飽和社会、そして市場成熟社会になっています。お客様はより多くの知識を持ち顧客満足を提供するのは難しい時代になっています。最初から売り手の売りたい物を提示してアピールすることは、押し売りになってしまいます。販促の企画は、売り手市場の企画より買い手市場の企画を考えるところから始めましょう。