各商圏エリアの内側を観察する

前項では、白地図を用いて自店を中心に1km・3km・5km半径を円で囲んで商圏を把握しましょう。というテーマで書かせていただきました。今回は、さらにその円の中にどんな商圏があるのか具体的に調べて観察してみましょう。

貴店のある市区町村の役所へ行くとその街の人口分布の表一覧をお借りすることが出来ます。(持ち帰ることは出来ませんので必要ページのコピーをとらせていただくのが一般的)この一覧表の中に『昼間人口・夜間人口分布』というものがあります。文字通りその町の昼間滞在している人口と夜滞在している人口という意味になります。
昼間人口とはその町で働いている人を意味します。(全てではありませんが)夜間人口はその町に住んでいる人を示します。さらに絞り込んでいくと年代別推移や男女比・世帯数等かなり細かく掲載されています。貴店でターゲットになりえる種の人々の人数分布等を前項用意している白地図にそのまま書き込んでいきましょう。まずは1km範囲の中の統計を書き込んでみます。続いて3km半径・5km半径と書き込みます。

この作業を行うことで、本当の意味で貴店のお客様となりえる潜在顧客がどの位いるかということが見えてきます。そうして自店の商圏の内訳を見ることでターゲットが『誰なのか』『どの位居るのか』が分かってくると思います。

次回は『自店の商圏に効果的な販促活動とは』です。